便秘になるとお腹が張って辛いですし、腹痛も伴うため、早めに解消したいと誰もが思うはずです。 そこでよく使用されるのが、便秘薬でしょう。 便秘薬を飲むことによって、排便を促すことができますが、常用してしまうのは危険です。 便秘薬には即効性がありますし、効果も高いので、頻繁に使用してしまいがちですが、いつも使用していると、腸が薬に慣れてしまい、効果が薄くなる可能性があります。 そうなると、さらに強い刺激が必要になるため、通常よりも多めに便秘薬を飲んだり、もっと効果がある強い薬を使用するしかありません。 これを繰り返すことによって、薬を飲まないと排便ができなくなってしまう恐れがあるでしょう。 また、常用することで下痢を起こす可能性もあるので、注意してください。 便利な存在なのは分かりますが、このように便秘薬は腸の機能を乱してしまう危険があるため、常用してはいけません。 もし、腸の機能が乱れてしまうと、元に戻すのにかなりの時間がかかります。 便秘になった場合には、いきなり便秘薬に頼るのではなく、なるべく薬を使用せずに生活習慣の見直しによって解消するようにしましょう。